Listy z Polski・・ポーランド10年目。ラズベリースキー家の娘達、Liliankaは8歳、Amalkaは5歳半です。普段のできごとや見たこと聞いたことを綴っていきます。


by RyoRaspberryski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中世の町 ~1


狼の巣・ヴォルフスシャンツェから次に向かったのは小さな町、シヴェンタ・リプカ(Swieta Lipka)です。

ここにある古い教会で夏のバケーションの期間はパイプオルガンの演奏会が催されます。
f0129897_18311950.jpg



歴史のある教会で、13世紀に建てられた小さなチャペルから始まり、17世紀には聖堂にとって変わりました。

教会門
f0129897_719159.jpg



回廊の一部に並ぶ売店
f0129897_882847.jpg



内装は後期バロック様式
f0129897_1935284.jpg



パイプオルガン
f0129897_81467.jpg



ステンドグラス。下に書かれている文字は中世ドイツ語。
中世(11世紀頃から)のポーランド北部はドイツ(テュートン)騎士団領だったのです。
f0129897_818883.jpg






狼の巣からの途中の村に「盆栽」と書かれた大きな看板を立てた家がありました。

こんな田舎に盆栽が売ってあるのかな?、と思い覗いてみると、盆栽という名前のアグロツーリストの家でした。

アグロツーリストとは、農家などの普通の家がバケーション客に部屋を貸すペンションみたいなもの。
出てくる食事はそこで作った新鮮な野菜や卵などで、アットホームなところがいいです。

なぜこの家が「盆栽」なのかというと、宿主人の趣味が盆栽なのでした。
庭に造られた小屋にはたくさんの盆栽コレクションが!(怪しげな文字の看板もあります023.gif)

一番古いのは25年くらい経っているのだそうで誇らしげに見せてくれました。
f0129897_8414246.jpg



[PR]
by ryoraspberryski | 2009-09-10 19:36 | 週末・イベント・休暇