Listy z Polski・・ポーランド10年目。ラズベリースキー家の娘達、Liliankaは8歳、Amalkaは5歳半です。普段のできごとや見たこと聞いたことを綴っていきます。


by RyoRaspberryski
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イースターエッグ(писанки)

ポーランドでイースターのシンボルとして見かけるものは、
パルマ、うさぎ、ヒヨコ、羊、若草、ネコヤナギの枝、
そして卵です。

卵は本来は春に生まれるものだし、これから生まれる生命を丸く閉じ込めてあることから昔から「春」の象徴とされています。

3月21日の春分の日には、数分間卵が立つ(引力などの関係で)のも知られています。

ポーランドではイースターエッグはピサンカ(Pisanka)と呼ばれいろいろなデザインの卵が出まわります。
ところでこの「ピサンカ」という語、ウクライナ語からきているようです。

東欧のイースターエッグでとても有名なのはこのウクライナのものです。伝統芸術品として昔から作られているようです。
あちらでも同様に「ピサンカ(писанка)」と呼ばれています(参考1参考2)。

何年も前アメリカにいた時のことですが、大学のイベントで「ウクライナのピサンカを作ろう!」というのがあり参加しました。

その時一個だけ作ったのですが、面白くてハマってしまい(といってもこれまで5個くらいしか作ってませんが...)、製作に必要な道具を買い込み(といっても500円くらいしかしませんが...)、時々作っています(年に1個作るか作らないか程度で...)。

f0129897_9184723.jpg

必要なものは卵、ミツロウのかたまり、特殊なペン、そして卵用着色料



今年は久しぶりに作りました。2個です。
f0129897_9271578.jpg

一つは桜のイメージ、もう一つはポーランド民芸の切り絵「ヴィチャンカ」の柄を真似たもの


[PR]
by ryoraspberryski | 2007-04-06 09:29