Listy z Polski・・ポーランド10年目。ラズベリースキー家の娘達、Liliankaは8歳、Amalkaは5歳半です。普段のできごとや見たこと聞いたことを綴っていきます。


by RyoRaspberryski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カミナリピカッ!

きのうの日記を更新した直後に空がどんよりと曇り始め、そのうち遠くからゴロゴロ聞こえはじめました。

最初は遠くに見えていた稲妻もみるみる近くなり、そのうちワルシャワ上空でピカピカゴロゴロの連続。

窓から見ていると、中心街にある文化科学宮殿にのてっぺんに3度ほどカミナリが落ちました。
それ以外の場所にも次から次へと落ちていきます。

そして終いには...
私の見ている目の前の街灯に落ちました。

まぶしい光がパッと街灯に走り、点いていた電灯はその瞬間に火花を散らしてはじけました。

そして当然ですが、次の瞬間には

 バリバリバリバリ!!!! 

というものすごい音。

すぐ横で一緒に見ていたLiliankaはびっくりして逃げていきました。
その少し前からカミナリの音に驚いていたAmalkaはお気に入りの黒いカーデガンを抱いてキッチンのカウンターの下に隠れてました。

私は落雷を目の前で目撃するのは初めて。びっくりはしたけどちょっと感動^^

ひとしきりカミナリが落ちた直後は、大型台風でも来たかのようなものすごい暴風雨。
ベランダのテーブルを畳もうと思ってドアを開けたら、あまりの強い雨風にドアが閉まらず、体いっぱいで押して閉めました。

その暴風雨もたったの10分ほどの短いもので、その後は風も雨も完全に治まって晴れ始めるという急展開でした。

前の通りは他の街灯も感電してしまったようで以来真っ暗...。
電球を新しく取り替えればまた電気がつくのか疑問です。

それに嵐の直後は救急車のサイレンの音が...。


ポーランドでは夏に時々こういったカミナリと暴風雨がやってくるのですが、高さに関係なくカミナリが落ちることも多いようです。

前の通りの街灯だって、その周りにはもっと高さのある建物がいくつかあり、建物の上にはたくさんのアンテナが立っています。
それなのにわざわざ高くもない街灯に落ちるのがちょっと不思議でした。





これは8月末にポーランド東北地域(湖の多いマズーリ地方)でカミナリの嵐(?)があったときの写真です。
寝室の窓から撮りました。
f0129897_8423317.jpg

なんと、このような雷電(らいでん)が毎秒のように起こり、それが1時間半ほど続いたのです。

マズーリ地方は沼地であることからも分かりますが、極めて平たんな地方です。
なので雷は所かまわず落ちるのです。

ワルシャワからは距離があるので稲光が見えるだけで、「ゴロゴロ」はまったく聞こえません。
無音でピカピカと光る夜の空はまるで静かな花火のよう。
あれだけのイナズマの電力を集めたら何かの役に立つような気がしました。

このように長時間に連続して雷が落ちるのは珍しいと思います。
ちょうど同じ時期に、ポーランドでは普通起こらない竜巻も起こり死者も数名出ました。

異常気象?


☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪
ここからは更に余談です。

少し前に近くのスーパーで見つけて以来気に入っているのがこれ↓
f0129897_8385464.jpg

ベトナムヌードルの「フォー」(写真右)のインスタント版です。

こちらでよく見かけるインスタントラーメンは、味はポーランド風にアレンジしてあって日本人には「?」、というものだったり、麺だってとくに美味しいものでもないのですが、
この「フォー」はいけます。

スープも本物のフォーの味だし、麺はライスヌードルの乾麺だから美味しい。

でも、ポーランド人の中でベトナム料理のフォーを知っている確率、多分0.001%くらい(←数値は適当です^^)。
だからこれはポーランド在住のベトナム人向けだとしか思えないです。

スーパー「Carrefour(カルフール)」にあります。

ちなみに写真左、お馴染み「辛ラーメン」はワルシャワでは滅多に手に入らない貴重なものです。
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-09-30 09:05 | ワルシャワ・近所