Listy z Polski・・ポーランド10年目。ラズベリースキー家の娘達、Liliankaは8歳、Amalkaは5歳半です。普段のできごとや見たこと聞いたことを綴っていきます。


by RyoRaspberryski
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イースター前

Liliankaがイースター・エッグとこちらのイースター用飾りの「パルマ」というのを保育園で作ってきました。
f0129897_933971.jpg



パルマ(Palma)に関してはこちらのPoziomkaさんのブログを参照しておきます。

Liliankaが作ったイースター・エッグは、まずミツロウのクレヨンで好きなデザインを描き、それを専用の染色液に浸して卵を染めるのです。クレヨンで描いた部分は染色液が付かないのでクレヨンの色が残ります。


昨日はポーランド語のクラスも冬のセッションが終わりました。「中の上」のレベルも無事終了です。

クラス...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-30 10:13

山々を懐かしむ

平らなポーランドに7年も住んでいるとさすがに山が恋しくなります。
ポーランドも南の方に山地がありますが、何しろワルシャワからは遠いので滅多に行けません。
今回は気分転換に山関連の話です。

九州の山の中出身の私は山が好き。見るのも登るのも。
そんな山っ子なので、ワルシャワの風景は本当につまらないものです。

ポーランドに来る前はアメリカの北西部の都市に住んでたのですが、あの辺りも自然も山も他に類を見ないほど美しいと私は思ってます。

それを決定付けるかのような事が...、

夫が毎日購読している新聞(Gazeta Wyborcza)を買う際に、5ズオチ(約200円)を足すだけでおまけの本が付いてきました。
タイトル「USA西部の国立公園」。夢の旅ガイドブックシリーズの第1巻です。
f0129897_1334772.jpg



2巻目以降はなぜか「イギリス」とか「ネパール」とかの国そのものがタイトルになってるのに、この第1巻だけはこういうタイトルなのです。

つまりこういうことだと気付きました。
アメリカ西部の国立公園は群を抜いて素晴らしい所で一見の価値ある所なんだと。

そしてそれを証明できるのは、何をかくそうこの私。^^

アメリカに留学した最初の2年間はホストファミリーと住んでいたのですが、この家族は本格的なアウトドア一家でした。
私も影響されて本格的アウトドア人になりました(まあもともと山育ちですが...)。
山登り、キャンプ、カヌー、ラフティング、クロスカントリースキー、サイクリング...、
いろいろしました。

それであの付近の国立公園にもたくさん行ったのです。

どの国立公園も美しく、広大。日本やヨーロッパには存在しない原始林というものがここにはちゃんと存在します。
北半球唯一の雨林だってあります。
訪れる人達も公園のルールをきちんと守ります。

懐かしい山々...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-24 02:38

近所の丘WP

これはうちの寝室からの景色です。
一ヶ月ほど前の雪の日
f0129897_10321980.jpg




2週間ほど前の晴天の日
f0129897_10354172.jpg




低い丘が見えますが、このまっ平らな国ポーランドにこんな風に意味もなくポコンと丘があることは普通ありません。この丘は人工丘なのです。

これは1944年の「ワルシャワ蜂起」で亡くなった多くの人々のための記念碑を立てるために作られたのです。
丘の頂上には大きな「PW」という形の碑が立ててあります。Polska Walcząca(戦うポーランド)の略です。

PWの丘...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-21 11:37

少し前の写真ですが...

このブログに引越してくる前の写真ですが、暖冬だったこの冬で一番寒かった数日間のある日に撮った散歩の時の写真を少し載せておきます。記念に。

Amalkaとの散歩で近くの公園に行った時のです。

↓すべり台
f0129897_10133646.jpg


More...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-21 10:23

Amalkaの色彩感覚


一昨日、私らの寝室で遊んでいたAmalkaがベッドに寝転がって「寝るフリ」をすることにしたらしく、「コチク(Kocik、ブランケットのこと)持ってきて!」と偉そうに命令してきました。

そこでAmalkaのベッドからブランケットを取ってきて渡すと、
「ピンクのじゃないと! 白いの持ってきて!」とまた偉そうに言ってきます。

渡したブランケットは実は水色。
そしてAmalkaが要求しているのは実は黒いもの(写真の黒いカーデガン。Amalkaのお気に入りで、これに包らないと寝付けません)。

色の名前を知っているのはいいけど、実際の色と名前がぜんぜん結びついていません。

でもよく考えてみれば、水色のを「ピンク」と言い、黒いのを「白」と言ってます。
ピンク⇔水色、白⇔黒です。
これは美術の授業で習った「対になる色」です。^^;


f0129897_8572145.jpg

[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-16 08:59

春の到来

昨日のワルシャワは空も澄みわたり気温も高く、春の到来が確実となりました。
Tシャツ一枚で歩いている学生も見かけました。

どんよりと曇りがちで暗い冬とは対照的な春は誰もが待ちに待っていた季節です。

f0129897_9471112.jpg

照りつける太陽をバックにした文化科学宮殿

More...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-14 10:26

カーチャ

以前にも登場したロシア人の友達カーチャ。去年取ったポーランド語のクラスで知り合いました。

最近、カーチャと時々行き来してます。先日はカーチャとその夫のマリウスをうちに招待してカレーを食べさせました。
そして昨日はカーチャが夕食に招待してくれたので行ってきました。

二人が住んでいるのはヴィラノフ宮殿のすぐそば。うちからもまあまあ近くて車で10分ぐらいのところです。

食事はイタリア風のチキンの煮込みとロシアのオリヴィアというサラダ。美味しかったです。

f0129897_10354063.jpg

ボルゴグラード出身のカーチャ。普段は英語&ロシア語の先生をしてます。
食事の準備中

More...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-11 11:01
ポーランド語のクラスの帰りにその辺の写真を撮りました。

f0129897_9173778.jpg

ワルシャワ大学の正門

ワル大近辺...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-09 09:38

ひな祭り

さて、3月3日はうちでは盛大な(はずの)行事、ひな祭りでした。

娘二人ともなれば確実に祝いそうですが、たいしたことはしませんでした。
というのもLiliankaがインフルエンザで熱を出していたからです。

もちろん雛人形はちゃんと飾りました。

f0129897_23405495.jpg

2003年に宮崎の父がLiliankaのために送ってくれたものです。

お雛様...
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-08 00:24

引っ越してきました!

ポーラン便りへようこそ!(Information is below the photo↓)

引っ越してきました。これからはこのURLで楽しんでください。 

f0129897_20375882.jpg


ポーラン便り一代目はこちら



***Welcome to this page!***

I understand that this page is in Japanese and you are not able to read it. :)
However, at least you can take a look at pictures.
By any chance you want to write me, contact me by mail. Thanks!
Have a good day!
Ryo
[PR]
by ryoraspberryski | 2007-03-03 20:38 | あいさつ・紹介