Listy z Polski・・ポーランド10年目。ラズベリースキー家の娘達、Liliankaは8歳、Amalkaは5歳半です。普段のできごとや見たこと聞いたことを綴っていきます。


by RyoRaspberryski
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イースター(Wielkanoc)です

この週末はポーランドではイースターです。

イースターは敬虔なカトリック教のポーランドではクリスマスより重要な日です。
アメリカのイースターような楽しいお祭りの雰囲気はありません。

イースターの過ごし方については去年詳しく書いたので(参照123)今回は手を抜いて写真だけ。

今年のタマゴはこんな風にできました。
f0129897_2092411.jpg


土曜日、近所の教会でタマゴやパンをお清めしてもらいました。

教会へ向かう人々。誰もが手にカゴを持っています。このカゴの中には色とりどりに染色したゆでタマゴとソーセージ、それにパンが入っています。
f0129897_20155689.jpg


教会の前に設置してあるテーブルにカゴを置くと、お祈りのあとに聖水をかけてもらえます。
f0129897_2018967.jpg

春の気配...
f0129897_2025520.jpg


More...
[PR]
by ryoraspberryski | 2008-03-24 20:19 | 週末・イベント・休暇
先々週の一週間は、Amalkaは保育園へ通いました。
今年の9月から入園希望の子供たちが保育園生活を少し体験できるのです。

Amalkaは1月で3歳になっているので9月に入園するときは月齢的には進んでいる子供のうちになります。
なので、今回のお試しウィークの子供のなかでも一番ノリノリです。
他のお試しの子供たちはほとんどが親にくっついたままあまり行動しません。

ノリノリなので目立ちます。
保母さんたちは「感心ね~!」と言うし、子供たちもAmalkaを気に入って、「一緒においで!」と引っ張りだこでした。
f0129897_6501771.jpg

f0129897_9462034.jpg

Liliankaの仲良し仲間、ゾーシャとヴェロニカ。
f0129897_951524.jpg


Amalkaは他の大きな子供と混ざってそれは楽しそうに活動していました。
これは床遊び。でもなかなか進みません^^;


そしてこれは、Liliankaのクラスを見学の時。一緒に手をつないで踊りました。
振り回されているといった感じです。

[PR]
by ryoraspberryski | 2008-03-15 06:53 | 子供・ことば・発達
今日は適当に、ポーランド音楽紹介です。

今回はポーランド語の分からない人でも分かるように英語の曲を。
少し古いものもありますが。


最初は私のいつものお気に入りのエディタ。

One & One by Edyta Górniak

音質・画質ともによくないですが、昔あったグループ″A-ha″の曲のカバー、
Hunting High & Low


Anita Lipnicka & John Porter(リプニツカ&ポーター)、新曲です。

Old Time Radio


グループ、Varius Manx

Stay in my Heart


あと、ポーランド語だけどホームレス風で面白い一曲。

Pół na pół(半分こ) by Natalia Kukulska

おまけ

LiliankaとAmalkaが好きな一曲、ディズニーアニメ「ムーラン」より。

Żywy Bąź(I'll make a man out of you)
[PR]
by ryoraspberryski | 2008-03-08 00:10 | ポーランド・ミュージック

おひな様

昨日は桃の節句。
ポーランドではその雰囲気が全く味わえないですが。

うちも例年通り、雛人形を飾りました。それも一ヶ月も前から。
1月の半ばごろからLiliankaもAmalkaも、毎日、
「ひなにんぎょう、早くして!!」とうるさいので2月に入ってすぐに飾りました。

でも本番の昨日は、大したことはしませんでした。
写真を撮っただけです。
f0129897_435346.jpg



☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆


最近、Amalkaがよく眺める絵本で「漁師と黄金の魚」という東欧独自の民話があります。

貧しいけれどとても優しい老いた漁師がおばあさんと一緒に住んでいました。おばあさんはとても欲張りでケチです。いつも「稼いで来い!」とおじいさんを仕事に追いやる毎日でした。

ある日おじいさんが黄金の魚を釣ります。すると魚は「海へ返してくれたら願い事を3つ叶えてあげる」と言うのです。心の優しいおじいさんは魚を放します。

1つ目の願い事では、おばあさんのために立派な洗濯用の桶(オケ)を出してもらいました。
するとおばあさんは「私が洗濯しなくちゃいけないなんてこんなものいらない!」といいます。

2つ目の願い事では、それじゃあおばあさんが楽できるようにと家来つきのお城に住ませます。
そうしたらおばあさんは付け上がっておじいさんを城から追い出します。

泣く泣く海へ行き、おばあさんに追い出されてしまったことを黄金の魚に言いました。
すると魚は「じゃあ3つ目の願い事を叶えてあげましょう!」と。

最後の願い事では、意地悪だったおばあさんを、気立ての良い優し人に変えてしまったのでした。
おじいさんとおばあさんはその後は以前のように貧しいけれど仲良く暮らしました。

というわけです。

それで、Amalkaにはまだ願い事などの意味が分からないので、適当に「本当はご飯になるはずの魚をおじいさんが助けてあげたから魚がおじいさんにお礼にプレゼントをあげたんだって」、と説明しました。

すると次の日、絵本を見ながらAmalkaが、
「助けたからおじちゃんのご飯がなくなって、魚がおじちゃんにご飯をプレゼントしたと。」
と説明しながら一人で納得していました^^
f0129897_8194142.jpg


☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆

今度はLiliankaの話題です。

Liliankaはディズニーの「リトル・マーメイド」(人魚姫)などが好きです。
人魚姫になりたいのだそう。

物語では、人魚姫が魔女に薬をもらって人間になりますが、
Lilianakは、
「魔女に薬もらって人魚になる!!」と張りきっています。
[PR]
by ryoraspberryski | 2008-03-05 08:36 | 週末・イベント・休暇